一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会福岡県地方部会のHPをご覧くださり、ありがとうございます。一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会は耳鼻咽喉科およびその関連領域の診療研究等に従事する医師を正会員として構成され、耳鼻咽喉科学の研究ならびに同学に関する調査および事業を行い、もって学術文化の発展ならびに国民の健康増進に寄与することを目的とする全国組織です。当地方部会は福岡県における下部組織にあたります。しかし、その歴史は古く、日本耳鼻咽喉科学会の前身の大日本耳鼻咽喉科会の九州地方会として明治42年に発足しました。 福岡県には日本医師会の下部組織の役割をもつ福岡県耳鼻咽喉科専門医会(福耳会)という勤務医および開業医の組織もあります。当地方部会と有機的に連携をとり活動を行っております。
主な活動としては、福岡県または九州の耳鼻咽喉科医師が集まって、年3回開催している学術集会が挙げられます。また耳鼻咽喉科が関わる聴覚・平衡・音声・そしゃくなどの身体障害を扱う福祉医療委員会や学校医の役割を考える学校保健委員会、適切な保険診療に取り組む保険医療委員会などを福耳会と合同で行っています。
市民向けの広報活動としては耳の日のイベントがあります。昭和33年より毎年、耳の日にはポスター配布や掲示に加え、各分会で独自に活動しています。福岡地区では福岡耳鼻咽喉科専門医会(五孔会)と「耳の日イベント」を開催しています。イベントでは聴力検査や補聴器・内視鏡検査・花粉症の情報提供、無料医療相談、福岡県言語聴覚士協会、中途失聴者の会、人工内耳友の会など関連団体のコーナーなど、多彩な催しを行っています。また人工内耳、難聴と補聴器、こどもの中耳炎、老人の難聴と耳鳴、めまいの話などについての講演もあります。また北九州地区でも同様に講演会や無料相談を行っています。
こどもさんの耳や鼻の病気の早期発見は学校検診における大きな課題の一つです。「福耳会」を中心として、校医として、こどもたちの健康に関わっています。
福岡県の耳鼻咽喉科医療を活性化することは福岡県民の方々にもお役に立てると考えて、日々、活動してまいります。このHPには関連する記事や病気のことが記載されているサイトへのリンクがあります。是非とも入口として、ご利用くだされば幸いです。